ムカムカ(むかむか)の意味・関連語を解説。

ムカムカ

ムカムカとは、急に吐き気をもよおすさま、又は急に怒りがこみあげるさまを表した言葉。

【年代】 -   【種類】 -

 

『ムカムカ』の解説

ムカムカとは『むかつく』の「むか」の畳語(註参照)である。『むかつく』とは「吐き気をもよおす」「胸焼けがする」または「腹が立つ」といった意味だが、ムカムカと畳語にすることで、多くはこれらが急激に起こるさまを表す。また、これらの症状・感情の荒れ方がひどいさまを表したり、そういった症状・感情の荒れを強調する際にもムカムカは使われる。「ムカムカする」「ムカムカしてきた」といった形で使われることも多い。

註)畳語:「多々」「国々」「たまたま」など同じ成分を2回重複させた言葉

スポンサードリンク

『ムカムカ』の関連語

オススメ情報



オールガイドリンク