ATM(えー・てぃー・えむ)の意味・関連語を解説。

ATM

Ê Thî Emu

ATMとは、アルファベット略語(KY語)として複数の意味を持つ言葉である。

【年代】 2009年   【種類】 KY語・アルファベット略語

 

『ATM』の解説

ATMは通常『Automated Teller Machine』の略で銀行や郵便局の現金自動預け払い機を意味するが、これとは別に若者の間ではKY語(日本語をローマ字表記し、その頭文字のみによる言葉)として下記のように複数の意味で使われる。
具体的にKY語としてのATMとは「アイツたまにムカツク(Aitu Tamani Mukatuku)」、「アホな父ちゃん、もういらへん(Ahona Touchan Mouirahen)」、「あなたの便りを待っている(Anatano Tayoriwo Matteiru)」といった意味で使われる。

スポンサードリンク

『ATM』の関連語

オススメ情報