吠え面をかく(ほえづらをかく)の意味・関連語を解説。

吠え面をかく

Hoezura wo Kaku

吠え面をかくとは、困って泣くような状態になること。

【年代】 -   【種類】 -

 

『吠え面をかく』の解説

吠え面をかくの『吠え面』とは犬が大声で吠えて鳴いている顔ということから泣き顔を意味する。『かく』は心の内や体内にあるものを表に出すという意味で「べそをかく」「汗をかく」などに見られる。つまり、吠え面をかくとは困ったことや悔しさから表に泣き顔をだす(人前で泣き顔をさらす)ことを意味する。
大抵は「後で吠え面かくなよ」「今に吠え面をかくことになるぞ」と、その状態になっていない人に対して忠告や脅し文句として用いることが多い。

スポンサードリンク

『吠え面をかく』の関連語

オススメ情報