ドサ回り(どさまわり)の意味・関連語を解説。

どさまわり

どさまわりとは、芸能人の地方巡業のこと。

【年代】 江戸時代~   【種類】 -

 

『どさまわり』の解説

どさまわりとは芸能人が地方興行をして回ることである。どさまわりの『どさ』とは佐渡(さど)の倒置語で、江戸時代、賭博で捕まると佐渡へ島流しになったことから、賭場に役人が踏み込むことを『どさ』といった。一旦島流しになるとなかなか戻ることは出来ないが、同様に当時の旅芸人も一旦地方へ巡業に出るとなかなか戻れなかった。ここから、そうした地方での活動をどさまわりと呼んだ。芸能人の地方巡業はデパートや商店街、祭りなどのイベントが多かったことから、こうした活動全般をどさまわりと呼ぶ人もあるが、厳密には中央(拠点)での活動は含まれない。

スポンサードリンク

『どさまわり』の関連語

オススメ情報