屁の河童(へのかっぱ)の意味・関連語を解説。屁のカッパ・屁のかっぱ・ヘのカッパ・ヘの河童

屁の河童

屁の河童とは、容易・たやすいの意。

【年代】 江戸時代~   【種類】 -

 

『屁の河童』の解説

屁の河童とは容易・たやすい・とるに足らない・問題にしていないという意味で使われる。例えば「英語なんてとるに足らない(簡単なことだ)」というニュアンスで「英語なんて屁の河童」というように使う。
ちなみに屁の河童は木っ端の火(こっぱのひ)という慣用句からきている。木端(木の屑)の燃える火は火持ちしないことから、たわいもないこと・はかないことを木っ端の火といった。これが訛って河童の屁となり、更に転じて屁の河童となった。

スポンサードリンク

『屁の河童』の関連語

オススメ情報