アイタタ(あいたた)の意味・関連語を解説。

アイタタ

アイタタとは、良くないことが起こったときに発する言葉。

【年代】 昭和時代~  【種類】 若者言葉

 

『アイタタ』の解説

アイタタとは困った状況や自分が言った冗談・ギャグが面白くなく、シラけたときなど良くない事象が起きたときに使う言葉で、「あ!痛あ」という文章を感嘆詞的にしたものである。こうした精神的ショック以外、転んだときなど肉体的痛みを伴う際にもアイタタは使われる。
アイタタの「タ」の数は2つと限らず、それ以上使われることがある。これは単に使う人がテンポがよいと感じる数である場合もあるが、多くはショックや痛みの深さに応じてタの数を増やす傾向にある。

スポンサードリンク

『アイタタ』の関連語

オススメ情報