ヨンフルエンザ(よんふるえんざ)の意味・関連語を解説。

ヨンフルエンザ

ヨンフルエンザとは、ペ・ヨンジュンに熱をあげること。

【年代】 2004年   【種類】 合成語・若者言葉

 

『ヨンフルエンザ』の解説

ヨンフルエンザとはヨン様こと韓国の人気俳優『ペ・ヨンジュン』と病名の『インフルエンザ』から成る合成語で、病にかかったかのようにヨン様に熱をあげることをいう。ヨンフルエンザはヨン様ブーム(韓流ブーム)のキッカケ『冬のソナタ』が地上波で放送された2004年から使われるようになる。同年4月のヨン様初来日時には5000人近くものFAN(ヨンフルエンザ患者?)が羽田空港に押し寄せるなど話題になった。ヨンフルエンザはそんな光景を見た他者が嘲う意を込めて使う場合と、当人がヨン様FANであることをブログなどで語る場合にも使われる。

スポンサードリンク

『ヨンフルエンザ』の関連語

オススメ情報