お浦山吹(おうらやまぶき)の意味・関連語を解説。

お浦山吹

お浦山吹とは、羨ましいということ。

【年代】 大正時代~   【種類】 -

 

『お浦山吹』の解説

お浦山吹とは「御浦山吹日陰の紅葉」という故事からきた言葉。御浦山吹は浦山を羨ましい(うらやましい)にかけたもので、日陰の紅葉は日陰の身を意味する。つまり、自分の卑しい身分・境遇に対し、他者を羨ましがることをいった。この羨ましいという意味の御浦山吹の部分が戦前の女学生の間で、隠語として使われた。

スポンサードリンク

『お浦山吹』の関連語

オススメ情報