もちの意味・関連語を解説。

もち

もちとは、もちろんのこと。

【年代】 昭和初期~   【種類】 -

 

『もち』の解説

もちとは『もちろん』の略で、「いうまでもなく」「無論」といった意味で使われる。もちは昭和初期に流行となった言葉で、その軽快さから若者を中心に広まった。
後に 「もちろん」に関連した言葉(主に英語)を付けた言葉も使われた。例:もちに了解を意味する「いいよ」を付けたもちよ。同じく了解を意味する「OK」を付けたもちオーケー。今は使われなくなったが、「もちろん」を意味する英語「of course」を付けたモチコースなどがある。

スポンサードリンク

『もち』の関連語

オススメ情報