ベッピン・別嬪・別品(べっぴん)の意味・関連語を解説。

べっぴん

べっぴんとは、美人・美女のこと。

【年代】 江戸時代~   【種類】 -

 

『べっぴん』の解説

べっぴんとは美人や美女を意味し、古く江戸時代から使われる言葉である。ただし、現在とは表記・意味合いともに異なる。まず、現代のべっぴんは漢字で書くと別嬪となるが、当時は別品と書いた。漢字からもわかる通り、当時は別格な品物=特別によい品というように、物に対して使用。後に人に対しても使うようになるが、当初は男女関係なく、優れた人という意味合いで使った。それが次第に女性に対して使う言葉となり、表記も別嬪となった。

スポンサードリンク

『べっぴん』の関連語

オススメ情報



オールガイドリンク