衛生美人(えいせいびじん)の意味・関連語を解説。

衛生美人

衛生美人とは、健康的で体型もよいが顔が不美人な女性のこと。

【年代】 明治時代~   【種類】 -

 

『衛生美人』の解説

衛生美人とは健康的で体型もよいが不美人(不細工)な女性のこと。この言葉が流行った明治時代、男性がスラリとした体型の女性を好み、そうした女性を結婚相手に求める傾向があった。これに対し、医師をはじめとした健康な子供を産んでほしいと願う人たちが衛生美人という言葉を造り、広めたという説があるが不明。
衛生美人はあくまで見ためでなく、健康的=美を意図しており、ここでいう体型のよい女性というのも健康的な体型、安産型の元気な子が産めそうな体格を指す。

スポンサードリンク

『衛生美人』の関連語

オススメ情報