ニコポン(にこぽん)の意味・関連語を解説。

ニコポン

ニコポンとは、人を懐柔する態度のこと。処世術のひとつ。

【年代】 1913年   【種類】 -

 

『ニコポン』の解説

ニコポンの「ニコ」とは和やかに笑う表情をあらわしたニコニコの略、「ポン」は肩を叩くさまをあらわす擬態語である。つまりニコポンとはニコニコしながら相手の肩をポンと叩き、親しげにすることで人を懐柔したり、人に物を頼むという処世術の一つである。ニコポンは1913年(大正2年)に当時の首相:桂太郎に対するニコポン宰相ニコポン主義という評に使われて流行。ニコポン上司など一般にも使われたが、こうした態度で人が動かせる時代ではなくなったせいか、現在ではほとんど使われない死語となっている。

スポンサードリンク

『ニコポン』の関連語

オススメ情報