ウォームビズ[Warm Biz](うぉーむびず)の意味・関連語を解説。

ウォームビズ

ウォームビズとは、温暖化防止を目的とした冬の厚着スタイルのこと。

【年代】 2005年   【種類】 美容・ファッション用語

 

『ウォームビズ』の解説

ウォームビズとは環境省が2005年夏に行ったクールビズの成功を受けて提唱した省エネファッションの秋冬版である。ウォームビズでは「暖房設定温度を20℃以下にしましょう」と謳っている。外気温が8℃の場合、暖房設定温度を21℃から20℃にすることで年間で25.7kgのCO2が削減でき(一日9時間使用時)、クールビズで提唱した冷房設定温度による効果よりもウォームビズのほうが4倍強の効果が見込まれた。このことから小池大臣を筆頭に環境省は精力的にアピールをしたが、クールビズのときのように「○○議員はどんなファッションで登場?」といった話題性に欠け、ウォームビズはあまり浸透していない。またクールビズは「ノーネクタイ、ノースーツ」といった男性を主眼とする運動であったが、ウォームビズでは「スカートをパンツにしましょう」と女性にもアピールを行った。

スポンサードリンク

『ウォームビズ』の関連語

オススメ情報