うちエコ(うちえこ)の意味・関連語を解説。ウチエコ・うちeco・ウチeco

うちエコ

うちエコとは、環境省が提唱する地球温暖化防止策のひとつ。

【年代】 2006年   【種類】 カタカナ語

 

『うちエコ』の解説

うちエコとは家を意味する『うち』と自然環境(保護運動)を意味する『エコロジー(ecology)』から成る造語で、各家庭における衣食住を通して二酸化炭素の削減を求める環境省の地球温暖化防止策である。これまでクールビズ、ウォームビズと職場向けの提案を行ってきていたが、それを家庭レベルで提唱したものがうちエコである。衣食住それぞれに提案がされており、衣では家着・普段着でのウォームビズの取り入れ、食ではサラダを温野菜サラダにするなど体が温まる料理の提案や調理時の無駄なエネルギー使用を抑えるよう促している。住では使わない電気製品のコンセントを外したり、買い替え時には省エネ製品を選ぶよう謳われている。

スポンサードリンク

『うちエコ』の関連語

オススメ情報