アベノミクス(あべのみくす)アベノミックス・安部ノミクスの意味・関連語を解説。

アベノミクス

アベノミクスとは、安部総理が安部内閣で掲げた経済政策の通称。

【年代】 2013年   【種類】 合成語

 

『アベノミクス』の解説

アベノミクスとは第96代内閣総理大臣である安倍晋三が安部内閣で掲げた様々な経済政策の通称のことで、【安倍晋三】+【エコノミクス(経済政策・経済学)】からきている。アベノミクスは『大胆な金融政策~金融緩和』『機動的な財政政策』『民間投資を喚起する成長戦略』を基本方針とし、デフレ脱却+経済成長を目的としている。
アベノミクスという言葉自体は2006年、第一次安部内閣にて既に使われていた。ただし、一般に広く普及するようになったのは、2012年11月の衆議院解散辺りから。

スポンサードリンク

『アベノミクス』の関連語

オススメ情報