ウルトラC(うるとらしい)の意味・関連語を解説。

ウルトラC

ウルトラCとは、「奇策」「大逆転技」「ものすごい」の意。

【年代】 1964年   【種類】 -

 

『ウルトラC』の解説

ウルトラCとは1964年に開催された東京オリンピックで生まれた言葉で、本来は体操の日本男子チームが生み出した難易度C以上の技のことをいう(2009年現在、A~Gまでの難度が設定されており、体操でウルトラCという表現は使わない)。これが流行語となり、大逆転技、奇策、さらに物凄いといった意味で用いられる。

スポンサードリンク

『ウルトラC』の関連語

オススメ情報