イエローカード(いえろーかーど)の意味・関連語を解説。

イエローカード

Ierô Kâdo

イエローカードとは、警告に値する失敗・問題をした人に発する言葉。

【年代】 1993年   【種類】 -

 

『イエローカード』の解説

イエローカードとはもともと一部のスポーツで使われる用語(サッカー用語としての認識が高い)で、反則した選手へ警告として出す黄色いカード及び、警告を一回受けたことを意味する(イエローカードによる罰則は種目により異なる)。Jリーグが開幕し、サッカー用語が広く認知されるようになると、イエローカードはサッカーなどのスポーツ以外に仕事や日常生活の中でも使われるようになる。大抵は警告に値する問題行為や失敗をした人対し、審判がサッカーで反則をした選手にするように片手を上げ、「イエローカード」と言う。

スポンサードリンク

『イエローカード』の関連語

オススメ情報