へぼ・へぼいの意味・関連語を解説。

へぼ

へぼとは、技術がなく下手なこと。またはそうした人や作品。

【年代】 江戸時代   【種類】 -

 

『へぼ』の解説

へぼとは下手(へた)という意味で、明治時代の書籍に「平凡」と書いてへぼと読ませたものがあるように、平凡の略とする説が強い。当初は下手な人、ダメな人を罵るときに「へぼ!」と単独でも使ったが、近年、へぼピッチャー、へぼ野郎、へぼマンガのように下手の対象を後ろにつけることが多い。また、形容詞化する接尾辞「い」をつけ、へぼいという形で使われることも多い。ただし、へぼいとなった場合、かっこ悪い、さえないといった意味合いでも使われる。

スポンサードリンク

『へぼ』の関連語

オススメ情報



オールガイドリンク