ハント族(はんとぞく)の意味・関連語を解説。

ハント族

Hanto Zoku

ハント族とは、異性との出会いを目的に集まる集団。

【年代】 昭和時代末   【種類】 -

 

『ハント族』の解説

ハント族とは異性との出会いを目的に大型施設周辺、駅前などの有名スポットに集まる集団のこと(この場合の「集まる」とは時間や場所を指定して集合するものでなく、自然発生的にそこに集まったものである)で、ナンパ族と同じ意味だが『ナンパ』という言葉が使われる前に同意語として使われた『ガールハント』からきている。
ハント族の多くは車で集まるため、近隣住民にとっての騒音問題として話題になった。

スポンサードリンク

『ハント族』の関連語

オススメ情報