ハミ子(はみご)はみ子の意味・関連語を解説。

はみご

はみごとは、仲間はずれにされた子のこと。

【年代】 -   【種類】 -

 

『はみご』の解説

はみごとは“はみ出した子”を人名っぽく呼んだものだが、ここでいう“はみ出した子(はみ出し者)”とは、性格や特徴など自身が周りからはみ出しているというものでなく、周りから仲間はずれにされ、はみだしてしまった子を意味する。つまり、はみごとは仲間外れにされた子を指す。動詞として使う場合ははみごにするという。はみごは大阪を中心に関西圏で使用される言葉で、ハミ子はみ子とも書く。

スポンサードリンク

『はみご』の関連語

オススメ情報