しゃしゃり出る(しゃしゃりでる)の意味・関連語を解説。

しゃしゃり出る

Shasharideru

しゃしゃり出るとは、厚かましく出しゃばること。

【年代】 江戸時代~   【種類】 -

 

『しゃしゃり出る』の解説

しゃしゃり出るとはその場に相応しくない人や部外者が自身の分をわきまえずに出しゃばることやそういった人を嘲う言葉で、江戸時代から使われている。その場に相応しくない人か否かは当事者や第三者が判断することであり、当人が良かれと思って口を挟んだとしても、それが「余計なお世話」「厚かましい」と判断されればしゃしゃり出るに相当する。
また、しゃしゃり出るには『しゃしゃり出づ(しゃしゃりいず)』という同義語や簡略された『しゃしゃり』『しゃしゃる』といった言葉もある。

スポンサードリンク

『しゃしゃり出る』の関連語

オススメ情報