三味線(しゃみせん)の意味・関連語を解説。

三味線

Shamisen

三味線とは、相手に合わせる~相手を惑わすこと。成績が悪いこと。

【年代】 -   【種類】 -

 

『三味線』の解説

[1] 三味線とは相手に合わせることで、これは三味線という楽器が語り手に調子を合わせて弾くことからきている。また、相手を惑わせる、更に嘘という意味でも使われる。これは口三味線の略で、口で三味線の真似をすることから、偽物という意味合いで使われたもの。麻雀用語として、よく使われる。

[2] 三味線とは成績が良いこと。以前は成績を表すのに甲・乙・丙・丁を用い、三味線の形が甲の字に似ていることから、成績が良いことをいった。

スポンサードリンク

『三味線』の関連語

オススメ情報