鬼太郎袋(きたろうぶくろ)の意味・関連語を解説。

鬼太郎袋

Kitarôbukuro

鬼太郎袋とは、吐瀉物を入れるための袋のこと。

【年代】 昭和時代~   【種類】 若者言葉

 

『鬼太郎袋』の解説

鬼太郎袋とは乗り物酔いで吐き気をもよおした際、吐瀉物を入れるための袋で、通常『エチケット袋』と呼ばれるものである。鬼太郎袋はバスや飛行機、船といった酔いやすい乗り物に置かれている(シートポケットに事前に置かれている場合と乗務員に言って出してもらう場合とがある)。アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」というタイトルやテーマ曲始めの「げ・げ・げげげのげ~」の「げげげ」を嘔吐の擬音にみたて、鬼太郎袋と呼ぶようになった。ちなみに、この鬼太郎袋という呼び方は人気アニメ「ちびまる子ちゃん」の中で命名された。

スポンサードリンク

『鬼太郎袋』の関連語

オススメ情報