栄養格差(えいようかくさ)の意味・関連語を解説。

栄養格差

Eiyou Kakusa

栄養格差とは、親の所得の違いによって生じる子供の栄養面の格差のこと。

【年代】 2017年   【種類】 -

 

『栄養格差』の解説

栄養格差とは親の所得の違いにより、子供が摂れる栄養に格差が生じていることを意味する。低所得層の子どもはそうでない子どもと比べ、成長に必要とされるタンパク質や鉄分の摂取が少ないことが新潟県立大の村山伸子教授らの調査で明らかとなった。低所得層の子供たちの栄養は給食によるところが大きく、平日の栄養格差は少なくなるが、給食のない休日に大きく差が出来ていることを指摘。そうした子供たちの免疫力の低下や貧血など、体調不良を懸念する声があがっている。

スポンサードリンク

『栄養格差』の関連語

オススメ情報