目の保養(めのほよう)の意味・関連語を解説。

目の保養

目の保養とは、美しいものや珍しいものを見て楽しむこと。

【年代】 -   【種類】 -

 

『目の保養』の解説

目の保養とは目に栄養を与えるということだが、目薬をさしたり、目の健康に良いことをするわけでなく、目を通して心に栄養を与えることで、美しいものや珍しいものを見て楽しむことをいう。また、そういった見て楽しめるものをさす。目の保養の対象は美術作品や風景といった一般的に美しい、珍しいとされるものに限らず、逆に一般には見た目が不快とされるものであっても、それを見て心が安らいだり、楽しめたりする人にとっては目の保養となる。また、美しい女性などに目をやる際、それを正当化するセリフとしても目の保養は使われる。目の正月、目正月ともいう。

スポンサードリンク

『目の保養』の関連語

オススメ情報