元ブラ(もとぶら)の意味・関連語を解説。

元ブラ

元ブラとは、神戸の元町をブラブラすること。

【年代】 大正~昭和時代   【種類】 -

 

『元ブラ』の解説

元ブラとは「元町をブラブラ」の略で、兵庫県神戸市にある繁華街:元町をぶらぶら歩いたり、元町で買い物、飲食を楽しむことである。元ブラは東京の銀座で使われた『銀ブラ』、大阪心斎橋で使われた『心ブラ』を受けて出来た言葉であり、当時の流行語でもあった『銀ブラ』の派生語と考えてよい。1920年代中頃(大正時代)から使われた元ブラだが、直に死語となっている。

スポンサードリンク

『元ブラ』の関連語

オススメ情報