惚れた腫れた(ほれたはれた)の意味・関連語を解説。

惚れた腫れた

惚れた腫れたとは、恋心に浸っていることを冷やかす言葉。

【年代】 江戸時代~   【種類】 -

 

『惚れた腫れた』の解説

惚れた腫れたとは“惚れた”の後に同じく「~れた」である“腫れた”を付けることで語呂をよくした言葉である。語呂をよくするだけであれば「取れた」「慣れた」など他にもいろいろあるが、「腫れた」を使った理由は皮膚が赤く腫れるさまと恋心に浸るさま(赤くなった顔)を照らし合わせたのではないかという説がある(ちなみに「惚れた晴れた」はという表記は誤り)。意味的には惚れたと同様、恋心に浸るさまを表した言葉だが、使用に際しては「惚れた腫れたで飯は食えない」「惚れた腫れたで一緒に居られるうちはいい」など、恋心に浸ることをひやかしたり、軽蔑する際に使うのがほとんどである。

スポンサードリンク

『惚れた腫れた』の関連語

オススメ情報