箆棒(べらぼう)・べらんめえ・べらぼうめ・べらんめいの意味・関連語を解説。

べらぼう

べらぼうとは、程度が尋常でないこと。
べらぼうとは、人を罵る際に使う言葉。

【年代】 江戸時代~   【種類】 -

 

『べらぼう・べらんめえ』の解説

べらぼうとはもともと「あほ」や「ばか」という意味で江戸時代から使われていた。これが転じ、「程度が尋常でないこと」という意味で使われるようになる。
また、べらぼうが「あほ」や「ばか」という意味から、そういった出来事や人、言動を罵る言葉としても使われる。ただしこの場合、語意を強める接尾語『め』をつけたべらぼうめや、ここから転化したべらんめえべらんめい)のほうが使用度が高い。

スポンサードリンク

『べらぼう・べらんめえ』の関連語

オススメ情報



オールガイドリンク