なるへその意味・関連語を解説。

なるへそ

なるへそとは、納得や理解をしたときに使う言葉。

【年代】 -   【種類】 若者言葉

 

『なるへそ』の解説

なるへそとは納得や理解、同意をした際に使う言葉「なるほど」が崩れたものである。『ヘソ』とは体の腹部にあるくぼんだ部分以外に物の中央にある高い部分やくぼんだ部分を意味する。『ほど』は漢字で『火床』と書くと、いろりの中心のくぼんだ部分を意味する。つまり、『ほど(火床)』は『ヘソ』であるため、「なるほど」をなるへそと言い換えたとされている。なるへそは「なるほど」と意味は同じだが、ふざけた言い回しであるため、目上への使用は避けたい。

スポンサードリンク

『なるへそ』の関連語

オススメ情報