DK(でぃー・けい)の意味・関連語を解説。

DK

Dhî Kei

DKとは、大事な場面で言葉を噛むこと。男子高校生のこと。

【年代】 2007年   【種類】 若者言葉、アルファベット略語・KY語

 

『DK』の解説

DKとは大事なところで噛む(Daijina-tokorode-Kamu)の頭文字からきた言葉で、感動的なシーンや告白の最中など、大切な場面で言葉(セリフ)を噛んでしまうこと、またそういった人のことをいう。
これとは別に、男子高校生(Danshi-Koukousei)のこともDKというが、先述の意味で使われることのほうが多い(文脈から推察が必要)。
DKは以前から使われていたが、2007年のKYの流行に伴い、同様のアルファベット略語(KY語ともいう)のひとつとしてメディアやウェブで紹介された。

スポンサードリンク

『DK』の関連語

オススメ情報