コラボ(こらぼ)・コラボCMの意味・関連語を解説。

コラボ

Korabo

コラボとは、コラボレーションの略。

【年代】 平成時代   【種類】 略語

 

『コラボ』の解説

コラボとは英語"collaboration(コラボレーション)"を略したもので、「共同制作」「共同作業」という意味である。コラボレーションといった場合は複数企業による共同開発も含まれるが、コラボと略す場合は主にミュージシャンや美術家、作家など主に芸術、アートの世界で使われる。「○○と○○のコラボ」といった形で使われ、AとBというアーティストが共同で1曲を作った(またはレコーディングした)場合、『AとBによるコラボ』となる。また、異分野での共同制作もコラボといわれる。例えばAという劇団の舞台でBというバンドが演奏し、それらが揃うことでひとつの作品となる場合や、Aという作家の本にBという画家の挿絵が入ることで1冊の本が完成する場合などはコラボにあたる。
また、コラボの派生語にコラボCMがある。これは複数の企業が共同でひとつのコマーシャルを作ることで、異なる商品をひとつのCMに入れることで相乗効果を狙った宣伝方法のひとるである。特に商品と起用タレント(キャラクター)のイメージが固定されている場合、それぞれのタレントがひとつのCMに登場することで話題を呼ぶといった効果が得られる。また、ドラマの主人公がそのままとCMに登場し、逆にドラマの中でCMやCMに関するシーンを使ったドラマとCMによるコラボCMもある。

スポンサードリンク

『コラボ』の関連語

オススメ情報