こんがらかるの意味・関連語を解説。こんがらがる・こんぐらかる・こんぐらがる

こんがらかる

Kongaragaru

こんがらかるとは、糸や物事などがもつれ、絡まること。

【年代】 -   【種類】 -

 

『こんがらかる』の解説

こんがらかるとは糸やホースなど細長いものがもつれ、絡まりあうこと。物事や人間関係がもつれ、解決しにくくなること。また、そういった状態で頭(思考)が混乱することをいう。
こんがらかるの語源については、10の112乗という大きな単位をあらわすサンスクリット語『矜羯羅(こんがら)』からきているという説があるがあるが、定かではない(継続調査中)。
こんがらかるの他、「こんがらがる」「こんぐらかる」「こんぐらがる」「こぐらかる」ともいう。

スポンサードリンク

『こんがらかる』の関連語

オススメ情報



オールガイドリンク