王手をかける(おうてをかける、おおてをかける)の意味・関連語を解説。

王手をかける

王手をかけるとは、成功まであと一歩の状態のこと。そういった状態にすること。

【年代】 -   【種類】 -

 

『王手をかける』の解説

王手をかけるの【王手】とは将棋用語で、相手の王将に自分の駒が直接働きをかけられる状態をいい、王手をかけるとはそういった状態にすることをいう。そして王手がかかるということは、相手が回避できなければ次の一手で勝利が決まるということにも通じる。このことから成功や勝利、目指しているものまであと一歩という状態。さらにそういった状態にすることを王手をかけるという。

スポンサードリンク

『王手をかける』の関連語

オススメ情報