未利用魚(みりようぎょ)の意味・関連語を解説。

未利用魚

Miriyougyo

未利用魚とは、さまざな理由で非食用にまわされたり、安い評価しかされない魚のこと。

【年代】 2015年   【種類】 -

 

『未利用魚』の解説

未利用魚とは魚体の大きさが揃っていなかったり、漁獲量が少なくてロットがまとまっていない。また深海魚など見た目が悪く、人気のないといった理由で食用として使われなかったり、安価な評価しかされない魚のこと。未利用魚という言葉自体は以前から使われているが、近年、世界規模の乱獲により、食卓に並んでいた魚の漁獲量が減少気味な中、見直されている。そんな未利用魚を調理して出す店がメディアで紹介されたり、2015年には水産庁が未利用魚を有効活用する企業を積極支援すると発表し、認知度があがっている。

スポンサードリンク

『未利用魚』の関連語

オススメ情報