そんじょそこらの意味・関連語を解説。

そんじょそこら

そんじょそこらとは、「そこら」を強めた言葉。

【年代】 江戸時代~  【種類】 -

 

『そんじょそこら』の解説

そんじょそこらとは「そこら」に「そんじょう」という接頭語がついた「そんじょうそこら」が変化したものである。そんじょそこらは「そこら(そのあたり、その辺の意)」を強めた言葉で、「ありきたり」「どこにでもある・どこでもやっている」といった意を込めることが多い。打ち消しの言葉を伴う「そんじょそこらにはない」といった形で使われることが増えてきている。
そんじょそこらを「身近」「その辺」と入れ替えると理解しやすい。

スポンサードリンク

『そんじょそこら』の関連語



オススメ情報



オールガイドリンク