ベル友(べるとも)の意味・関連語を解説。

ベル友

Berutomo

ベル友とは、ポケットベルでメッセージ交換する友達のこと。

【年代】 1993年   【種類】 若者言葉

 

『ベル友』の解説

ベル友のベルとはポケットベル(ポケベルとも言う)のことである。ポケットベルは電話機でダイヤルした数字を受信し、表示する小型受信機である。本来は連絡して欲しい電話番号を送信したり、番号による簡単なメッセージ(例えば01は「帰社せよ」というメッセージといったもの)を送るためのものだが、次第に数字の語呂合わせによるやりとりが成されるようになり(例:0840=オハヨオ(おはよう)、3470=サヨナラ、14106=アイシテル(愛してる)など)、若者の間にもポケベルが普及。こうしたポケベルによるメッセージ交換をする友達のことをベル友と呼んだ。1993年には緒方拳、裕木奈江主演のドラマ「ポケベルが鳴らなくて」の放送。さらに同タイトルのドラマ主題歌を歌った国武万里がレコード大賞新人賞を受賞するなど、ポケベルが流行の先端となったが、次第にPHS、携帯電話が普及。これによりポケベル離れが起こり、ベル友も死語となった。

スポンサードリンク

『ベル友』の関連語

オススメ情報