パシリ(ぱしり)の意味・関連語を解説。

パシリ

パシリとは、強い人や偉い人の命令で使い走りする人のこと。

【年代】 1982年   【種類】 若者言葉、略語

 

『パシリ』の解説

パシリとは「使いっ走り(つかいっぱしり)」の略で、自分より強い人や偉い人の命令で使い走りする人やそういう行為自体を意味する。先輩の命令で買い物に行く後輩がパシリにあたるが、全後輩が同等程度に交代で使い走りする場合、全後輩をパシリと呼ぶことはない。これはパシリに「アゴで使われる人」といった嘲う意が込められるためである。ただし、現代では特に嘲う意を込めず、「ちょっとパシリに行ってくれ」といった形で単に使いを頼む際にも使われる。このため一概にパシリ=いじめであるとは限らない。ちなみにパシリはツッパリブームの不良が使用、直に学生を中心に広く若者に普及した。

スポンサードリンク

『パシリ』の関連語

オススメ情報



オールガイドリンク