ながら族(ながらぞく)の意味・関連語を解説。

ながら族

ながら族とは、ラジオや音楽をかけながら勉強や仕事をする習慣の人。

【年代】 1958年   【種類】 -

 

『ながら族』の解説

ながら族とはラジオや音楽を聴きながら勉強したり、TVを見ながら食事をするといったように、何か他事をしながらでないと集中出来ない人をいう。こうした症状を日本医科大学の木田文夫教授が「ながら神経症」と名付けたことから生まれたながら族は広く一般にも浸透。当事は「集中出来ない若者」と、ながら族は問題視されていたが、近年、ながら族のほうが効率のよい頭の使い方をしているといった見解や脳の活性化に良いという意見もある。

スポンサードリンク

『ながら族』の関連語

オススメ情報