小局(こつぼね)の意味・関連語を解説。

小局

小局とは、お局の配下的存在の人のこと。

【年代】 1998年   【種類】 -

 

『小局』の解説

職場を仕切る古参の女性社員を、江戸時代に大奥を仕切った女官に例え「お局」という。このお局の配下的存在にあるのが小局である。お局は自身が職場で活動しやすく、意見も通せるようにするため、後輩OLをランチや飲みに誘い、取り込んでいく。こうして何人かの小局を従えた後、上司を味方につけたり、中には自分が気に入らない人をイジメたりするという。ただし、小局は一般的にはあまり知られておらず、2007年現在ではほとんど死語となっている。

スポンサードリンク

『小局』の関連語

オススメ情報