開帳(かいちょう)の意味・関連語を解説。ご開帳

開帳

Kaichou

開帳とは、隠しているものを人前に出すこと。

【年代】 -   【種類】 -

 

『開帳』の解説

開帳とは本来、仏教寺院で特定の日に堂や厨子の扉を開き、中の秘仏を一般にも拝観出来るようにすることをいう。ここから隠している物を人前に出すこと、公に人に見せる類いではないものを多くの人の前で見せることを開帳というようになる。特に女性が大勢の前で股を開いて見せることを指して用いることが多い。
これとは別に、法律では賭博の座を開くことを開帳という。

スポンサードリンク

『開帳』の関連語

オススメ情報