駅ナカ(えきなか)の意味・関連語を解説。駅中・エキナカ

駅ナカ

駅ナカとは、駅構内にある商業スペースのこと。

【年代】 2000年   【種類】 -

 

『駅ナカ』の解説

駅ナカとは駅構内(改札内)にある商業スペースのことで、主にコンビニエンスストアや書店、飲食店などが展開している。従来、駅構内にはキヨスクと立ち食いソバ屋がある程度であったが、1995年、阪急電鉄が十三駅に直営のコンビニエンスストアをオープン。以後、各鉄道会社が駅ナカに力を入れていった。駅から出ずに買い物などを済ますことが出来るという利便性から人気があるものの、周辺の商店に人が流れないという問題も抱えており、実際、訴訟問題に発展しているケースもある。駅中エキナカという表記も使われる。

スポンサードリンク

『駅ナカ』の関連語

オススメ情報