むっつりスケベ(むっつりすけべ)の意味・関連語を解説。

むっつりスケベ

Muttsuri Sukebe

むっつりスケベとは、無口で助平な人のこと。

【年代】 昭和時代~   【種類】 -

 

『むっつりスケベ』の解説

むっつりスケベとは口が数少なく、助平な人を意味する(『むっつり』に関しては下記関連語参照)。このように二つの言葉を繋げてひとつの単語にする場合、対語を組み合わせ「AだけどB」といった意味合い、または類語・同義語を組み合わせ「AなうえにB(Aで更にB)」という形で強める使い方があるが、むっつりスケベは場面や使う人によって「無口でおとなしそうだけどスケベ」という意味合いの場合と「無口で無愛想なうえにスケベ」という両者で使われる。どちらにしても陰気なスケベ・暗いスケベといった負のイメージの言葉である。

スポンサードリンク

『むっつりスケベ』の関連語

オススメ情報