耳にたこができる(みみにたこができる)の意味・関連語を解説。

耳にたこができる

耳にたこができるとは、同じことを何度も言われてうんざりするさま。

【年代】 江戸時代~   【種類】 慣用句

 

『耳にたこができる』の解説

耳にたこができるとは同じ話しを何度も聞かされてうんざりするさまを表す言葉である。ペンで文字を書き続けたときの指や歩き続けたときの足の裏には胼胝(たこ)が出来る。同じ話しを繰る返し聞き続けても、実際、耳にたこが出来ることはないが、耳にたこができるほど同じ話しを聞かされ続けているという喩えとして、古く江戸時代から使われている。後に「耳たこ」と略しても使われる。

スポンサードリンク

『耳にたこができる』の関連語

オススメ情報