自過剰・自過嬢(じかじょう)の意味・関連語を解説。

自過剰

自過剰とは、他人の目を気にし過ぎる人のこと。

【年代】 平成時代   【種類】 -

 

『自過剰』の解説

自過剰とは「自意識過剰」の略で、友人や職場関係の人といった他人の目を気にし過ぎる人のこと。例えば、周りが自分を見ている(注目している)と思い込んだり、他人がどんな風に自分を見ているか気にし過ぎたりといったことがこれにあたる。また、こういった自過剰な人の中で、女性の場合、特に自過嬢という当て字も使う。これに対し、男性版の自過坊という言葉も一部で使われたようだが、自過剰自過嬢のようには浸透していない。

スポンサードリンク

『自過剰』の関連語

オススメ情報