おたまじゃくしの意味・関連語を解説。お玉杓子・オタマジャクシ

おたまじゃくし

Otamajakushi

おたまじゃくしとは、音符のこと。
おたまじゃくしとは、精子のこと。

【年代】 -   【種類】 -

 

『おたまじゃくし』の解説

おたまじゃくしとは楽譜にある音符の俗称である。音符(♪)の形がおたまじゃくしに似ていることから、こう呼ばれるようになった。

おたまじゃくしとは男性の精子の俗称である。人(動物)の精子を顕微鏡で見た際、形がおたまじゃくしに似ていることから、こう呼ばれる。

スポンサードリンク

『おたまじゃくし』の関連語

オススメ情報