言い出しっぺ(いいだしっぺ)の意味・関連語を解説。言い出しっ屁・言い出しべ・言いだしっぺ・言いだしべ

言い出しっぺ

言い出しっぺとは、最初に言い出した人がそれをするはめになること。

【年代】 江戸時代~   【種類】 -

 

『言い出しっぺ』の解説

言い出しっぺとはもともと言い出し屁(いいだしべ)といい、無実を最初に言い始めた人が犯人であるものという慣わしとして使われた言葉である。これは「臭い」と言い始めた人が往々にして放屁していることからきたものである。そしてこれが転じ、何事も最初に言い出した人がそれをするはめになることを言い、そういった会話(文章)の中で使われる言葉となった(この場合の「何事も」とは人が嫌がってやりたがらないこと(面倒なこと・怖いことなど)が多い)。地域によってはこの意味でも「言い出しべ」のままである場合があるが、多くは「言い出しっぺ」と変化している。

スポンサードリンク

『言い出しっぺ』の関連語

オススメ情報



オールガイドリンク