嫁(よめ)の意味・関連語を解説。

よめ

よめとは、本命の彼女のこと。

【年代】 平成時代   【種類】 若者言葉

 

『よめ』の解説

よめ(嫁)とは本来、息子の妻や新婚の女性、他家に嫁いだ娘を意味するが、若者の間で本命の彼女(=複数の女友達の中で最も交際したいと思っている女性。色欲を満たすのが目的でなく、真剣に交際を考えている女性)のことをよめという。

スポンサードリンク

『よめ』の関連語

オススメ情報



オールガイドリンク