紫衛門(むらさきえもん)の意味・関連語を解説。

紫衛門

紫衛門とは、女学生のこと。

【年代】 明治時代~   【種類】 -

 

『紫衛門』の解説

明治時代から大正時代にかけ、女学生が履いていた袴の色の紫をもじり、女学生のことを紫衛門と呼んだ。衛門をつけたのは平安中期の女流歌人である赤染衛門からきている。
袴の色が海老茶色の地域では海老茶式部という。

スポンサードリンク

『紫衛門』の関連語

オススメ情報