とか語(とかご)・とか弁(とかべん)の意味・関連語を解説。

とか語

とか語とは、「~とか」を頻繁に会話のこと。

【年代】 1988年   【種類】 -

 

『とか語』の解説

とか語とは「~とか」という言葉が頻出する会話のこと。特に断定する名詞の後など、不要な部分に付ける会話を指す(例:今は卒業して、サラリーマンとかしています)。こういったとか語は言葉を曖昧にし、発言に責任を持たない若者の特徴として問題視された。とか弁ともいう。

スポンサードリンク

『とか語』の関連語