まな板・俎板(まないた)の意味・関連語を解説。

まな板

Manaita

まな板とは、女性の胸が小さいこと。

【年代】 -   【種類】 -

 

『まな板』の解説

まな板とはその凹凸のない形状から、膨らみが少ない女性の胸を例えた言葉として使われる。まな板同様、ほぼ平らな胸をさすため、サイズはA未満となる。また、梅干や干しブドウを乳首に見立てた「まな板に梅干」「まな板に干しブドウ」といった表現も使われる。これらは女性に対し、失礼な表現にあたるため、使用には注意が必要である。

『まな板』の関連語

オススメ情報